玉ねぎの血液サラサラ効果を引き出すための食べ方は?一日に食べる量は?

血液サラサラ,玉ねぎ,食べ方,量

玉ねぎが体に良いことは良く知られていますね。
何といっても一番有名なのが血液サラサラ効果です。

 

あの独特のツンとした香りや辛味の成分は「硫化アリル」といいます。
硫化アリルには、

  • 血液が凝固するのを抑えるといった働き
  • 血中の悪玉コレステロールを減らす働き

などがあり、血栓や動脈硬化を防ぐ効果があるとされています。

血液サラサラ効果のある玉ねぎの食べ方よ1日量

血液サラサラ,玉ねぎ,食べ方,量

玉ねぎの血液サラサラ効果を引き出すのに最も最適な食べ方は「生食」です。
しかしサラダなどで生で食べる場合、水に長時間さらしていると硫化アリルは水に溶け出してしまうので、なるべく水にさらさずに食べるようにしましょう。

 

また、加熱して食べる場合は、玉ねぎを切ってから15分以上放置しましょう。
こうすることで栄養成分が安定して、血液サラサラ効果が最大限に引き出されることがわかっています。

 

一日に食べる玉ねぎの量は50gです。中サイズ1/4と考えてください。
血液サラサラ効果は7時間ほどしか持続しませんので、毎日食べ続けることが肝心です。

玉ねぎの皮にも血液サラサラ効果が

血液サラサラ,玉ねぎ,食べ方,量

ところで、玉ねぎの皮にも血液サラサラ効果があるのをご存知でしょうか?
玉ねぎの皮には「ケルセチン」というポリフェノールが含まれており、

  • 善玉コレステロールを増やして血圧を下げてくれる働き
  • 花粉症やアトピー性皮膚といったアレルギー症状の改善

などで注目を集めています。
皮は食べることができないので、お茶にしていただきます。
独特の風味がしないので、玉ねぎが苦手な方にもおすすめです。

血液サラサラ,玉ねぎ,食べ方,量

玉ねぎの皮でお茶レシピ
  1. 皮を集めて乾燥させたら、袋に入れて揉みます。
  2. 粉状になったら、ひとつまみに対して水をコップ3杯の割合で、弱火で5分以上煮詰めます。
  3. 水の量が半分になったら出来上がりです。

何事もそうですが、継続することが大切です。
自分の食べやすい調理法で、毎日のメニューに少しずつ玉ねぎを取り入れましょう。

 

青魚サプリ

>>青魚サプリのコストと効果をまとめたランキングはコチラ<<